2012年2月12日日曜日

超神ネイガー&東北合神ミライガー ダブルヒーロー!プレミアムステージ

2012年2月11日(土)、横手市にある秋田ふるさと村ドーム劇場で『超神ネイガー&東北合神ミライガー ダブルヒーロー!プレミアムステージ』の日がやってきた!!


ダブルヒーローどころか、↑この人数!↑
北東北三超神の、超神ネイガー(秋田)跳神ラッセイバー(青森)岩鉄拳チャグマオー(岩手)はお馴染みですね、そこに南東北の面々も集まった、東北六県ヒーロー総出演のステージでした。


北東北衆で変化があったのは、チャグマオー改

赤いマスクの頃は丸顔のイメージが強かったチャグマオーが、黒味が増してシャープに、カッコよく進化。平成ヒーローっぽい印象です。



そして、南東北3人衆!


既に山形ではステージショーや交通安全CMで活躍している、現代の月光仮面こと出羽戦士ガ・サーン(山形)

わたくし注目の、白虎タイガー(福島)。

白と青の取り合わせが清々しい。先輩達と比べると、ちょっぴり<ヒーローの貫禄>は薄いけれど、盛り込む方向に進んでいるミライガーとの対比で、軽やかに目立っていました。

彼らが協力して、宮城に闘魂注入…!!!?


主役は、
オッドアイがどこかミステリアスなヒーロー・ 
東北合神ミライガーだ!!


今、「東北に光を蘇らせる」ニュータイプのヒーローが必要だと考えた東北中のヒーローたちは、宮城の青年を徹底的に鍛え上げて一つの身体に東北六県の属性を帯びさせる、「神」に挑んだのです。

今回は、ミライガー達Newキャラクターのお披露目会という意味合いが強かったような気がします。

NHKの『おかあさんと一緒』にでも出てきそうなファニーなゆるキャラ「どじょっこふなっこ」が、
「海の向こうから、生態系を荒らす乱暴なヤツらがやってきた! 東北のヒーローの伝説(?)を聞きつけたので助けを求めたい!」と、駆け込み訴えました……。

外来種の問題集団は、「ガラッシャー帝国」

リーダーは、ブラックボス。バスコギ氏を彷彿とさせる魚類怪人ですが、ブラックボス氏の方がつるつる材質で痛みにくそうでした(バスコギ様は、近頃お肌が荒れている)。
ネイガーショーでは馴染みのキャラクターばかり見てきたけど、F2ゾーンの造形技術には新素材や新手法がどんどん取り入れられていることを知りました。



手下の「ワニゲーター」は、
 おそらく名前だけで想像できる人も多そうな、いかにも「ワニですよ~」というフォルムが可愛かった! そして、よく見ると、足元が下駄…!(笑)

彼らガラッシャー帝国の狼藉をこらしめるべく、ご当地ヒーローが降臨します。



出羽戦士ガ・サーンが青年に必殺技を注入し、最後のお稽古が終了…

宮城フェイスにさまざまなご当地ヒーローの要素を融合させた、不思議なヒーロー・ミライガーが発現しました☆




海老名氏プロデュース史上、最もハンサム

まだ合神したてでバランスがとれないのか、どこか危うい雰囲気も魅力。


近県ヒーローたちに見守られながら「一致団結!東北六剣」をスパークさせ、見事、ガラッシャー帝国を打ち破りました。
その剣、とにかく巨大で、形状は東北の地図そのままという、ものすごく豪気なデザインに仰天(^^;;


(他イベントの画像ですが…こういう剣です!)


これだけのヒーロー数をそろえるのはかなりの冒険。ガラッシャー側が「帝国」を名乗るわりに少なめだったり等、「大人の事情」を感じる部分も……?

素人な私は、恒例のネイガーポーズタイムがやっぱり欲しかったり、ミライガーがガ・サーンだけではなくもう二人くらいとお稽古して、各県のパーツを獲得していく過程が見えたりすると、盛り上がるような気がしたのです……が、それ、かなり難しいですよね。

などなど、単体ヒーローショーとは異なる「合神」の試みに苦労の跡を感じましたが、戦闘中は怪人ワニゲーターの、並みいるヒーロー連合軍を続けざまに尻尾でぶつシーンが可愛かったり(!?)、ヒーロー達のふっ飛び方も面白かったりで、会場がわいていました。
意外にも、ミライガーショーはやられっぷりのコミカルさが見どころかもしれません。

ミライガー自身も、ピンチに陥った時の“ゆらゆら感”に、何かこう応援したさをくすぐるようなところがありました。


すくわれたどじょっこふなっこ(笑)は
「伝説は本当だったんだ~♪」

と、

噂のミライガー誕生の奇跡に立ちあって、私も感激。


お披露目ショーの後にドーム劇場ロビーで行われた、六県ヒーロー総出の握手&撮影会は、まさに「プレミアム」な眺めになり、眼福でした♪



お? 一人、フレームに入り切っていません! 「白虎タイガー、もっとくっついて!」と注文が飛びました。

非常に華やかな光景。できれば正面から撮りたかったけど、人が密集していて近寄れませんでした……(^^;;

握手会は希望者の自由参加型だったのですが、ショー観覧のみで帰ったおともだちは、ほとんどいなかったようです。触れ合いの時間を楽しみにしている人たちが、順番を待って色紙にサインをお願いしたり、バレンタインチョコをプレゼントしたりなど、"個別交渉"をじっくり行っていました。

なので、握手の列はなかなか動かず……、しかし、みんな落ち着いて綺麗に一列を形成していて、グッドマナー賞モノでした!

ミライガーのコンセプトは復興ヒーローですし、もしかしたらガラッシャーのネーミングは、「がれき」+「クラッシャー」から来ているのかもしれないのですが、ショーの中では、震災、津波といった直接的な表現が避けられているところに、らしさを感じます。

ミライガーの挑戦は、これからが本番ですね! 活躍をご祈念いたしております!!


★東北合神ミライガー公式web:http://miraigar.jp/