交通安全運動☆新聞記事

交通安全運動☆新聞記事
秋の全国交通安全運動は9月21日~30日。

2010年12月14日火曜日

友好。シンガポールのガシンガーさん、日本の文化を体験?! かるた大会表彰式でプレゼンターに!


Hello!!
ガシンガーです。(ウソ)

ワタシ、2010年12月12日に再来日しました。
訪れたのは、秋田市土崎地区です

秋田の雪景色ビューリホー! シンガポールは年中高温多湿の気候なので、冬の日本海や雪が珍しくて、つい見とれそうになりました。が、ひとまず姿を隠してジャスコ土崎港店を偵察ね。


ショッピングビル、にぎやか。2階に大勢集まり、子どもたちは正座をしてカード遊びしてマス。
"Karuta"デスね。 
札を読む声の響きが、ワタシが知っている日本語と違う。
方言のかるたグランプリね。この日が予選の Final raceだったのデス。それはきわめてUniqueです。
彼らが司会のようでした。一人は、AKT秋田テレビの竹島アナウンサーです。

隣は、虫人間……?


このgrand prix、「超神ネイガー秋田弁かるた」を用いて行われていました。

これは何かの罠ね。この大会の裏では、ネイガーなる怪人物が糸を引いている……。

心の中で叫びました。「秋田のワラシコさんたち、今、助けるからね!!」


虫人間、再び。
怪人ゴンボホリー、彼は秋田をダメにする組織のリーダーだそう。

怪人ゴンボホリー率いる「だじゃく組合」は、秋田弁をレクチャーして子供たちを訛らせ、標準語を忘れさせる作戦デス。

彼の狙いは、秋田県民が都会に出た時に、苦い気持ちを味わわせることデス。
…にしても、遊んでいるようにしか見えません。

ホジーネというのが戦闘員らしいが、リーダーに対しこのような態度でいいのか?


衣装を身につけて踊り出すホジケル・ダジャクソンも、戦闘員ホジーネの一種です。

来ました、超神ネイガー
だじゃく組合とは敵対関係にあるようで、すぐさま彼らと戦闘開始。

なかなか強そうです。

事前に聞かされていました、「ネイガーがシンガポールに攻め込んでくる!」と。

だから、愛するシンガポールに危害を及ぼされる前に、こちらから
ネイガー氏に勝負を挑みました。


しかし、彼はいたって温厚な男で、郷土愛に燃え、秋田から出ないことで知られていました。

ちゃぶ台をはさんで話せば話すほど、他国に攻撃するような人だとは、とても思えなくなりました。

ワタシは騙されていたのデス。マーライオン風の、奇妙な男から…

あ、このヒトです!!

ちゃぶ台は片づけて……、
共に闘いました。

気がついたら、ネイガーさんはマーライオン風怪人を、ワタシは秋田の害虫怪人を倒していました。

平和を守ろうとする気持ちは、ネイガーさんもワタシも同じネ。

この後、ワタシに名誉な役が待っていました。
かるたグランプリの表彰式で、ネイガーさんと一緒にプレゼンターに…。

秋田のメンコイおともだちと握手し、撮影会にも参加しました。

間違いから始まった来訪でしたが、土崎訪問はワタシにとって勉強になりました。

日本の文化、秋田の言葉、お土産の金萬、それと交易…。
秋田港は、環日本海地区で最大規模の、重要湾港。海外の各都市との間で定期便が就航してマス。

これからはヒーローも国際交流! ワタシとネイガーさんは、固い友情で結ばれたのデス!!

秋田の皆さん、またお会いしましょう。
Hebana!!
See you!!