2010年12月8日水曜日

卒業じゃないってことは留年ってこと?

慌ただしい師走。なんだかんだで時間がなくて、AKTの『がっこ茶っこTV』12月3日(金)分のワンセグ録画を、今頃になって見ました。
秋田弁かるた大会最後の予選、ジャスコ土崎港店戦の告知に、おなじみのカマドキャシーさん&恐怖のゼブラオーがご出演でしたね。キャシーさんは今回の放送で卒業と思っていたようで、この前の御所野戦でも卒業宣言していましたが、親友(?)熊坂アナが「本選の告知もある!」と引き留めてくれたので、またの登場に期待です!

しかし熊坂アナ、衣装の裏地の縞模様が理由でゼブラオーに絡まれてしまい、出演陣からも同情されるどころか、「それは襲ってくれと言っているようなものだ」とツッコまれ……。

なぜか、キャシーさんには「さん」をつけて、ゼブラオーは呼び捨てな私。何となく、キャシー、と呼び捨てにはできないのに、「ゼブラオーさん」という言い方には違和感があるのですが、統一すべきでしょうか?