2010年9月25日土曜日

思い出に残る、秋田の参加型交通安全教室!VS インパクト大、山形の交通安全パトロール!

秋の交通安全運動、東北ではご当地ヒーローが活躍しています。

2010年9月21日付の秋田さきがけ新報に、JA共済の交通安全活動に関する一面広告が掲載されていました!

県内の保育所や幼稚園等を回って開催している「JA共済×超神ネイガー交通安全教室」は、単なるショーではなく園児たちの思い出作りにもなる参加型教室、と位置付けているとのことです。
見ているだけではなく、実際に参加できて、楽しめる……。
JA共済が目指す通りの交通安全教室が、まさに実現できているのではないでしょうか。



-------交通安全教室の様子。--------

[関連豪記]
★アゴラ広場で交通安全教室
★AKTワクワクこども博で交通安全教室

お隣の山形では、出羽戦士ガ・サーンが出動申告を受けてパトロールに出発しました! 山形新聞の県内ニュース・社会記事から引用します。
---------------------------------------------------------------------------

ガ・サーン「飲酒運転許さん!」 秋の交通安全県民運動スタート 2010年09月21日 15:13

パトロールに出発する山形警察署員から出動申告を受けるガ・サーン(中央)ら=山形市  交通事故や飲酒運転防止を呼び掛ける秋の交通安全県民運動が21日、県内各地でスタートした。山形警察署ではこの日朝、同署の出発式と「大型LED表示機(電光掲示板)点灯式」が行われ、ご当地ヒーロー「出羽戦士 ガ・サーン」もパトカーに同乗して事故防止をアピールした。
 式には、関係者約80人が参加。同署の正面入り口に設置した電光掲示板の点灯式に続き、「交通安全戦士」に委嘱されたガ・サーンが登場。沼沢政太郎山形警察署長が「さくらん棒やだだちゃ拳を駆使して、事故からみんなを守ってもらいたい」と激励した。委嘱状を受け取ったガ・サーンは早速、飲酒運転など悪質なドライバーをなくそうと、パトカーで市内を回った。
 秋の交通安全県民運動は30日まで。歩行者と自転車に乗った人を対象とした夕暮れ時と夜間の事故防止、飲酒運転の根絶など4項目を重点目標に掲げている。今回は新たに、お年寄りが同世代の住民宅を訪れ、交通事故防止を呼び掛ける運動も展開する。

パトカーで市内を回っているヒーローを、私も見てみたかったです。