交通安全運動☆新聞記事

交通安全運動☆新聞記事
秋の全国交通安全運動は9月21日~30日。

2010年8月16日月曜日

北東北3県ヒーローショー★夏の正義の味方まつり

8月15日(日)は、秋田市大町のイーホテル2階で「夏の正義の味方まつり」を楽しんできました。

北東北のご当地ヒーロー「超神ネイガー」(秋田)、「岩鉄拳チャグマオー」(岩手)、「跳神ラッセイバー」(青森)がそれぞれショーを見せてくれる特別企画!

これまで、秋田のネイガーショーにチャグマオーやラッセイバーがゲスト出演することはありましたが。ご当地ヒーローなので、岩手県外での「岩鉄拳チャグマオーショー」、もしくは青森県外での「跳神ラッセイバーショー」は例がなく、これが一度きりの秋田公演になる可能性も高いです。

見逃せない!

イーホテル特設会場に着くと、幅広い世代のお客さんがもうぎっしりで、すごい熱気でした。

まずは11時からの、超神ネイガーショー

MC怪人のホリー王子の台詞を借りれば「最初からクライマックス」。ネイガーは初めから王牙豪石。場内にどよめきが!

熱風が吹きつけてきそうな、黄金色に輝く<大豊作フォーム>。
この形態で手にすると、いつものブリコガンやカマクラナックルが小ぶりで可愛らしく見えるほどの、圧倒的な存在感でした。

ザッパージール君は、ホリー王子とキャシーを、一気に相手どり、2対1で不利な状況でしたが、大善戦!

さすがに班長組が圧しているかと思われましたが、ザッパージール君がダウンしたと勘違いしたお二人が、ちゃんと確認もせずに躍り上がって喜び出したその時、
唸る! ネギレイバー!!

この葱の産地は能代です。鍋物に適した、うまみの滲む葱です。じゅる。

油断禁物。ホリー王子&キャシー、まともに攻撃を食らってしまいました。

しかし、ここにエフリコギが重役風出勤したり、ホリー王子がザッパージール君に洗脳ヘルメットを被せ、ネイガーを攻撃させたりする、例のピンチ。

この時には、いつもの赤いネイガーに戻っていて、わきあがる親しみやすさを胸に(?)、声援を送ったのでした。

おなじみのシナリオを基調としながらも、この日用にちょっとしたスパイスを加えた、という感じですね。

大満足のうちに、フィナーレをむかえました。

やはり、ネイガーショーには不変の面白さがあります。


.:*:・'゜★。.:*:・'゜.:*:・'゜★。.:*:・'゜.:*:・'゜★。.:*:・'゜.:*:・'゜.:*:・'゜★。.:*:・'゜.:*:・'゜★。.:*:・'゜


さて、ここからが、吾輩にとっては未知の領域なのだ。

13時からは、岩鉄拳チャグマオーショー

ゼブラオー(長男?)とホジーネが、すいか風船を客席に投げ込み、「岩手のすいか割りでは、すいかを持っている人間を叩くんだぞ」というはちゃめちゃな理屈で恐慌(笑)を巻き起こしました。このままだと観客が襲われてしまう!

そこにチャグマオーが駆けつけました。
チャグマオーのバトルは、軽々と人間風車を披露する等、実にダイナミック。
南部鉄瓶の大沸騰パンチで、怪人たちを一掃!

その後、怪人たちは、民話の河童・カパラッパを呼び寄せて、岩手名物わんこそばでおもてなし♪ と見せかけて、しびれ薬を盛るという悪さを……。

チャグマオーが河童のにごり酒を持参して駆けつけ、カパラッパを復活させ、共闘で怪人をこらしめました。

私が好きな、拳にミニSLを装着する銀河鉄拳「星くずになれパンチ☆」も、見ることができました。

これまでに競演の形で持ち込んでいた、野性味溢れるアクションや自由度の高さが、ショー全体にわたっていっぱいに満ち満ちていて、たっぷり笑わせてもらいました。
生意気を書けば、つなぎの部分がちょこっと未消化なのかな、とも思ったかも……?




15時からは、ラッセイバーショー。
これは予想がつかない! 青森ではどんな感じでやっているのかな~

と思いながら、席で待っていると……

ジャッキー・リーとマサカー・リーの"豪石クロス"は省いて、最初から跳神ラッセイバーが登場しました。
ホタテ貝を模した肩の装飾は、初めて見たデザイン。
翼がついているようなイメージも重なって、面白い効果を上げています。

得意のイタコ口寄せ変幻拳に、新レパートリー誕生☆

リッチーさんにマイケル・ジャクソンが憑依し、跳神も怪人も一緒になって、華麗なダンスショーを繰り広げました。これは…会場がわくね!
一列に並んで順番にかかってくる怪人たちを、ラッセイバーが次々に倒していく「必殺仕事人」も、見栄え充分でした。

青森に出現する怪人は、「すこたまハンカクサイ」に酷似した怪人「ヘクサー」(どっちみち、臭そう)。それに、ゼブラオー(次男)やチュパカブラ、ボッコレタマグラ等、なじみの怪人が投入されました。

助っ人に飛び込んできたのは、あれっ、チャグマオー……☆
この日三度目とあって、重複キャラが多くなりましたが、にぎやかで楽しめました。

ボッコレタマグラの頭部に起きたハプニングを切り抜けながらの荒々しいバトルは、ライブならではの迫力!

…ホワイトファングさんが「お盆なので見えないものが見えてしまったけど、早く忘れて」と話していたので、
会場に行った人でなければ分からない魅力があった、とだけ申し上げておきましょう^^

3公演とも、ハチモリリュウ・リサイタル同時開催のSP握手会付で、みんなの手拍子が会場いっぱいに響きました。ちなみに、ハチモリさんは8月14日付でさきがけ新報に載った有名人だ!

また、改心した怪人たちも豪ショップ付近にやってきて、写真を撮らせてくれたり、ぶらついていると話し相手になってくれたり。ファンサービスてんこもりの、素晴らしい夏祭りでした。

このブログでお分かりの通り、私はネイガーショーにかなりの回数行っている人間ですが、触れ合いの濃度がこれほど高かったのは初めて、という大感謝祭でした!

一方で、他県ヒーローのオリジナルショーという点で期待していたのですが、秋田以外のご当地カラーを出すのは、やはり容易でないのだろうなと、素人ながらにも思うところがありました。可能なら、今後、岩手らしさや青森らしさが、さらににじみ出ればな~と希望します。

ただ…、難しいものなんですね。ネタやアイテムは随所にちりばめられていて、工夫は大量にまぶされているので……。ご当地の空気感ってのはどうやったら出るのだろう。それがローカルヒーローの課題なのでしょうね。

4番目の東北ご当地ヒーロー、「出羽戦士ガ・サーン」始動についても触れられ、楽しみな展開。山形のオリジナルカラーも追及してくれたらいいなと、勝手ながら期待。
ちょうど、F2ゾーンのあるにかほ市は山形との県境のまちなので、感覚的には近いものがありそうですよね。

さて、興奮さめやらぬ会場を、急いで脱出。その理由は…次回に続く!