2009年9月28日月曜日

大豊作スペシャルライブ 超神ネイガースぺシャルショー×水木一郎オンステージ(2)

2009年9月26日(土)、横手市ふるさと村ドーム劇場で行われた、「F2-ZONEプレゼンツ☆大豊作スペシャルライブ 超神ネイガースぺシャルショー×水木一郎オンステージ」! (1)からの続きです。

エレーガの提唱する「完璧!」なパワーを前にして、マイちゃんとジオンが絶体絶命のその時、凍りついていたネイガーの眼が、光を放ちました。
おともだちが間髪いれず、「ネイガ~~~!!」と叫んでパワーを送ると、ネイガーはエレーガの術を破って、

「王牙豪石!」

実った稲穂のように、黄金色に輝く戦闘モード<大豊作フォーム>に変身!
かっこいいです! あたたかくて強そうです!! すったげ頼りになりそうです!!!

対して、エレーガは温度を感じさせない強さですね。
徹底的に負の要素を外へ押しだし、人知を超えた力をそなえた最強超神エレーガは、王牙豪石したネイガーの力をもってしても、強敵です。しかし、強くなるために「心」を欠いたエレーガに、そのまま力をふるわせておくわけにはいかない!

秋田を守る三超神、そしてクレーガが初めて力を合わせて、最強超神に挑みました。
みんなの声援を受けて、何度でも立ちあがってくるネイガーたちの姿が、エレーガの鉄壁の自信にひびを入れていき……!!






エレーガとクレーガの関係が判明したことによって、ネイガーVSクレーガの構図も大きく変わり、これまでの敵・味方観が大きく揺らいでゆく、意外なシナリオでした。

浦秋田の世界観は、想像していたのとだいぶ違っていました。戸惑いもありました。もっと単純に、表の秋田とは反対の世界なのかと考えていたのですが。
頭の中で思い描いていたキャラクター相関図も、一気に覆されたね。あのクレーガとも、協力して戦う日が来るなんて。

本当は、敵も味方もないのかもしれません。
大事なのは、相手の違いを認めて、分かり合うこと……!

それを認めず、自分自身の欠点(クレーガ)を決して許さず、何もかも意に沿わせようとしたエレーガの考えを、ネイガー達は打ち砕きました。

小さいおともだちには、難しいストーリーだったんじゃないかな? 初めてネイガーショーを観る人も、ここから入ると分かりづらいかもしれませんね。ただ、超神たちのかっこよさは一目で伝わることでしょう。
通常の、真上に腕を突き上げるネイガーポーズは、比較的形をとりやすいですが、王牙の、片方の腕を横に伸ばすポーズは、普通の人がやってもああはキマらないですね。鍛えた筋肉があってこそ、です。

スペシャルショーの次は、水木一郎オンステージ! <大豊作フォーム>のテーマソングが、初めてで披露されました。

超神ネイガー~正義の稲穂~
アニキの後ろに超神たちが降り立つシーンは美しく、まるで夢のような世界でした。ある意味、これは神話。地方の言い伝えになるね(w)。
小さいおともだちも会場に多いのを観て、リハーサルにはなかったゲキレンジャーの『道』も急遽歌唱! 一緒になって歌っている子もいたみたいです^^ 顔の見えない裏方さんとのやりとりもウケた!!

生「ぜ~~っと!」の叫びは、やっぱり嬉しかった。あまりにも偉大なアルファベット一文字であります。でも、やっぱり歌手・水木一郎!ですね。『夢刈人』のような、雄たけびなしのスローバラードも、音に心を開いてゆったり漂えて、気持ちよく聴くことができました。

ライブ後には、まだ額に汗が光る水木一郎アニキと、王牙ネイガーとの握手!! すっかり舞いあがってしまいました。
生アニキは、一人一人としっかり目を合わせて、丁寧に握手をしてくれる人でした。あと、アニキの眼は、すごく大きかったね!

主題歌特典のポスターは、王牙ネイガーから渡してもらいました。ネイガーの手にあると、くるくる巻かれたポスターが細く可愛らしく見えましたが、自分で持ったらそれなりに長かった(笑)。
赤いネイガーと握手するよりも、王牙のときはちょっぴり緊張します。戦闘モードだからかな~。

さて、後ろがトイレになっちゃったけど、
最後は超神勢ぞろい、

握手&撮影会で大サービス!!

クレーガも参戦。ポーズでキメッ!

これだけ集まると圧巻!!

この後、会場で偶然会った友人とライブの感想を述べ合い、最後は「アニキ、優しい~!」「優しい~!」と繰り返しながら、一緒にホジナシ丼を食べたのでありました。